稽古の流れ

基本的方針

日本舞踊には様々なルールや礼儀などがあります。初心者の方にも正しい日本舞踊を優しく丁寧に一から教えていきます。
経験や知識がない方でも、安心できる教室を目指しておりますのでお気軽にお越し下さい。

1. 日本舞踊の基礎づくり

ままずは正しい着物の着方を教え、礼儀作法や歩き方(すり足)などを指導します。次に舞踊で使用する扇子の持ち方や広げ方を丁寧に指導していきます。
これら日本舞踊の基本となりますので、これらを取得できて初めてスタート地点に立ったといえます。

2. 演目の指導開始

初心者の方向けの演目指導をしていきます。生徒さんがどんな演目をやりたいかをお伺いし、その方に合った演目を指導していきます。
たとえば基本的なものや、華やかなものなど様々な演目があります。早い方で一ヶ月ほどで演目が出来るようになります。

3. イベントに向けた練習

演目の練習にも慣れた方には次のステップであるイベント参加を提案します。
『長寿乃會』やイベントに出てみたい方には、それに向けた練習・指導をしてきます。

4. 上達された方は

その後も様々な演目などの指導や練習をして参ります。
西川長秀日本舞踊を通じ日本舞踊の美しさや奥深さを、より知って頂けれるような指導を続けてまいります。

PAGE TOP